【タイミング逃しがち】フリーランス美容師のランチのタイミングについて

フリーランス美容師になると、「自由に働ける」というのは周知の事実。
こちらを見ていただければフリーランス美容師のメリットがわかります。
メリットとしてかなり大きいですが、自分自身で時間をコントロールしなければ、忙しすぎて疲弊してしまったりします。
そして、美容師さんももちろん人間なら誰しも「腹が減っては戰はできぬ」ということで、
今回は美容師さんのタイムスケジュールに迫り、どのタイミングでどのようなランチを食べるのがベターかを解説します!

美容師さんはいつどこでご飯を食べてるの!?

どんなお仕事でもそうかもしれませんが、お客様あっての商売。
時にはお客様に合わせなければならないシーンもあります。
フリーランスになると「もっと稼いでやるぞ!」や「お客様の予約が止まらない」などうれしい悲鳴も多く聞くことがあります。
そんな時にランチやディナーはいつ取るのか気になりますよね。
食事のタイミングにフォーカスして考えていきます。

正社員の場合

まずは正社員の場合を紹介します。

いつ食べてるの??

結論、忙しすぎて食べる時間が本当にありません。
美容師さんは基本忙しいです。(もちろんフリーランス美容師さんも一緒です。)
業務で忙しいと、食事をとっている時間がありませんよね・・・。
例えば、カラー剤を作りに行くタイミングや、数分抜け出せるタイミングしか食事ができるタイミングはありません。
また、最悪の場合は「今日は食べれない」なんてこともあり得ます。
美容師さんはもちろんですが、人間誰しも食事を摂らないと体が持ちませんよね。
美容師さんは激務であるとは思いますが、一瞬でも抜けて食べることをお勧めします。
また、仮に暇だったとしても昼間の時間帯はお客様が来店されている可能性が高いです。
お昼ご飯を食べる時間が3時などランチタイム外になることも往々として考えられますので、お店が閉まってしまっていることもあり得るでしょう。

何を食べてるの?

美容師さんは忙しいので、持参することが多いと思います。
私の担当をしてくれている美容師さんは毎日コンビニ弁当で、「コンビニ弁当のトレンドならなんでも知ってます」と言っていました(笑)
コンビニやテイクアウトできるお弁当屋さんなどを利用するか自分で事前に作って持ってくることになります。
栄養の偏りがないように、気をつけましょう・・・!
また、美容室によっては、美容師さんにお弁当を支給される場合もあるみたいです。

フリーランスになると・・・

フリーランス美容師になると基本的に自由になります。
例えば、お昼の時間帯は意図的にお客様を入れなかったり、(実際はお客様ファーストで考えているフリーランス美容師さんがほとんどだと思うので、厳しいかもしれません。)
たまたま2時間ほど時間が空いたらランチに行くことだってできます。
つまり、正社員時代よりも融通が効きやすいということです!

また、私の実体験ですが、
美容師さんにカラーをしてもらっている時に放置時間が15~30分ほどあると思いますが、その時にご飯食べに行ってきますと言って出て行っていたことがありました(笑)
ぶっちゃけ、美容師とお客様の関係性の問題なだけなので自分は全く気になりませんでしたし、ありだと思いました!フリーランスならではですよね。

最後に

いかがでしたでしょうか??
体が動かなくなったら周囲に迷惑をかけるでしょうし、自分自身もいいことはありません。
フリーランス美容師になったらかなり融通が効くので、あくまでお客様を最も大事にしながら、自分自身の体も大事にすることを強くお勧めします!

現在ShareLonでは公式ラインも行っております。
公式ラインに登録をすると、この記事でご紹介したフリーランス美容師と業務委託パターンで正確な収益シミレーションもが出せますので、是非友達追加をお願いします!
https://lin.ee/nJI430V
ShareLonはフリーランス美容師さんのための有益な情報を発信するメディアです。今後はシェアサロンの空席状況も配信してまいります。
独立を考えている方は是非随時チェックをお願いします!
フリーランス美容師さんのための相談会も行っています。(美容業界の現役コンサルタントがキャリア相談を行います)
こちらも、ご興味があればご応募してみてください!
https://forms.gle/1i6QnfBUZJop5Stg7

関連記事

  1. 【フリーランス美容師向け】注目の予約システムLiMEについて徹底解説。

  2. アイリストで面貸しが向いている人の特徴とは!メリット・デメリットを解説します!

  3. 【フリーランス美容師なら知っておいて損はない!】フリーランス美容師は賠償責任保険に入るべき!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。