アシスタントからでもフリーランス美容師になれる!方法を徹底解説!

昨今、様々な業界でフリーランスという働き方が流行しています。
美容師業界も同様。フリーランス美容師という働き方は年々注目を浴びております。
フリーランス美容師として独立をすれば「自由に働ける」「年収が上がる」「開業資金のハードルが低い」などたくさんのメリットがあります。
また、フリーランス美容師には二つのタイプがあり、シェアサロンや面貸しサロンで活動しているパターンと、業務委託サロンと契約をして活動する方がいます。
この記事は、美容師の働き方が多様化している現代において、「フリーランス美容師として活動したい、しかしまだアシスタントとして活動している」という方に向けて、
アシスタントでもフリーランス美容師として独立できるかどうかを解説します!

そもそもフリーランス美容師とは?

フリーランス美容師とは、どこかの会社(美容室)に雇用されて働くのではなく、自ら事業者となり、活動する美容師のことをいいます。
主に、

  • 一つのサロンを複数人でシェアをして利用する「シェアサロン」
  • サロンの空き時間に貸し出しているスペースを利用する「面貸しサロン」
  • 雇用関係を結ばずに業務を請け負う「業務委託」

の三つの働き方があります。
業務委託の場合は、契約上は雇用関係ではないものの、会社が美容師さんをコントロールするという話をよく聞きます。
面貸しサロンやシェアサロンを利用するフリーランス美容師の場合、会社に縛られずに自由に働き、所得を上げることが大きな魅力と言えます。
働き方が似ている、「シェアサロン」「面貸し」と「業務委託」の二つに分けて解説していきます!

完全独立型(シェアサロンや面貸しサロンを利用する美容師)

一般的に、薬剤や道具、集客等は全て美容師側が行います。

つまり、仕入れルートが確立されていたり、集客がしっかりとできる場合は、独立して成功する可能性が高くなりますが、自分でできない場合は難易度が高い方法と言えます。

業務委託型(業務委託サロンと契約をして勤務する美容師)

美容室と業務委託契約をして働く形態のことを指します。
業務内容は正社員の美容師さんと近く、集客や薬剤の準備などは全てサロン側がやってくれます。
業務委託型の場合、施術のみを担当することになりますので、そこまで大きな負荷がかかりませんが、完全独立と比較すると収入面では少し低いというデメリットがあります。

アシスタントがフリーランス美容師になる方法

稀にアシスタントで経験を積んだ後すぐにフリーランス美容師として独立する方もいます。
基本的に開業する美容師さんを見ていただければわかる通り、かなりの実務経験と集客の見込み、自分への自信がなければ厳しいと言えます。
そもそもフリーランス美容師として独立するのも難しいです。
フリーランス美容師に向いていない人の特徴をこちらにまとめていますので、チェックお願いします!

https://sharelon.net/space/565/

自己管理ができる

フリーランス美容師として独立するなら、自分で仕事に関わることを全て行わなければなりません。
場所探し、集客はもちろん、会計管理等、裏方の仕事も行う必要があるため、自己管理能力が問われます。

自分で集客ができる

業務委託型の方であれば新規集客は必要がありませんが、完全独立型のフリーランス美容師は新規・既存の集客を自分で行う必要があります。
昨今、美容師さんが独立するスピードが速くなった一番の要因はSNSの普及によります。
SNSは年齢関係なく自分のアカウントのフォロワーを伸ばすことが可能です。
そのため、インスタグラムやライン等をフルに活用して集客ができれば問題がなく独立ができると言えます。
なお、アシスタントから独立を目指す場合はminimoなどを活用しカットモデルさんとの繋がりを増やし、LTVの高いお客様にできるよう集客の導線を設計しておくことをお勧めします!

(参考)LTVとは:

https://bridge-g.com/column/life-time-value/

また、フリーランス美容師必見の集客方法はこちらをチェック!

https://sharelon.net/space/498/

フリーランス美容師がアシスタントの方と一緒に独立をするメリット・デメリット

さて、ここまではアシスタントがフリーランス美容師として独立をする方法を解説してきました。
ここからはフリーランス美容師さんとアシスタントでシェアサロンを借りて一緒に仕事をするという働き方に解説します。
今回はフリーランス美容師さん視点で紹介をします!

メリット

フリーランス美容師として独立をすると一人で活動する方が一般的です。
なので通常サロンで働いていてアシスタントが数人ついている時と比較すると売上のトップラインがかなり下がってしまいます。
例えば、私の聞いた話だと「アシスタントがついていた時は月間300万円の売上だったが独立をしたら1/3に減ってしまった」という話を聞いたことがあります。
また、アシスタントも同様、レベルの高い美容師さんの近くで働き技術や接客を盗みたいと考えている方は多くいらっしゃいます。
ニーズがマッチする美容師さんと独立をすることで、美容師さんの業務効率が圧倒的に上がります!
また、シェアサロンの中でも席単位で貸し出している店舗であればアシスタントと一緒に契約することは可能です。
まずは、シェアサロンでどのような契約ができるかを事前に把握しておきましょう。

デメリット

完全独立をする場合は、アシスタントの給料はフリーランス美容師が支払うこととなります。
つまり、毎月固定金額をアシスタントの方に支払うことでリスクになると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の記事では、アシスタントの方が独立をする方法とフリーランス美容師とアシスタントで一緒にシェアサロン等を利用するメリットデメリットについて解説しました。

まとめると

  • アシスタント経験しかしていない美容師さんもフリーランス美容師として独立することは可能
    • しかし、美容師経験の豊富な方に比べると厳しいため実現が可能か慎重に見極める方が良い
  • フリーランス美容師とアシスタントで独立をすると業務効率が上がり収益を拡大することができる。
    • しかし、売上に限らずアシスタントに人件費を固定で支払う必要があるためリスクが高い

ということがわかりました。
フリーランス美容師として独立をしても問題なく集客できる方であれば、アシスタントでも独立をしても良いと思います!また、まだ力不足と感じる方は勉強のために、フリーランス美容師と一緒に独立をし一緒に働かせてもらうのが良いと思います!
是非フリーランス美容師として独立を考えている方は参考にしていただければと思います!

ShareLonとは

ShareLonとは>>

現在ShareLonでは公式ラインも行っております。
公式ラインに登録をすると、この記事でご紹介したフリーランス美容師と業務委託パターンで正確な収益シミレーションもが出せますので、是非友達追加をお願いします!
https://lin.ee/nJI430V
ShareLonはフリーランス美容師さんのための有益な情報を発信するメディアです。
独立を考えている方は是非随時チェックをお願いします!
そして、弊社では名古屋市栄近辺でシェアサロンを立ち上げ準備中です。フリーランス美容師として独立したい方はお問合せお待ちしております!

関連記事

  1. 【フリーランス美容師さん必見】Suquare Terminalを徹底解説!

  2. 【フリーランス美容師/会社員の皆様へ】フリーランス美容師と会社員のメリットについて徹底解説!

  3. 【教えて欲しい!】正直どれくらい存在するの?フリーランス美容師の人数/統計について解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。